上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
先日、参加したイベント「第2回 MHF スクリーンショットコンテスト」 の結果発表があり、
残念ながら入賞ならず。

MHF公式: 「第2回 スクリーンショットコンテスト」結果発表!

優勝のサンさん(鯖①)の作品は、投稿掲示板で拝見したときから、
絵的にもネタ的にも、完璧すぎる仕上がりに慄いていたので、「やっぱりなぁ!」という感じです。
ギャラリーでは、鯖②の狩人さんの「同窓会」という作品が、好きだったけどなぁ。
入賞された皆様、おめでとうございます!

Congratulations to the prize winners!

・・・過去のSS大会のを見ると、規模的には今回はだいぶ縮小されているようですが、
逆にこれくらいの規模で、定期的に開催してくれると、個人的にはうれしかったり。
欲を言えば、韋駄天・祭りみたいに、1~2ヶ月に1回、いろいろなテーマでやってくれると、うれしいなぁw
そうすれば、常連さんの”先輩狩場カメラマン”に、いつか一緒に狩場に立つ、という目論見が現実のものに・・・
よしっ、要望を送ってみよう、そうしよう!


昨晩は、blog「水龍公司 町田分店」のたきてそさんの病み上がりを、急襲!
ペア狩りをおねだりしては、あっけなくエスピナスの広域爆撃に吹き飛び、
真っ白な灰になりまくりだったり(´;ω;`)ウッ…

・・・そんな傷心なオイラの耳元で、たきてそさんはやさしく一言おっしゃいました。
「剛ガロン、や ら な い か」

Σ(゚д゚lll)ナ、ナンデストー!! 
正直に「ガロン種(HR61含め)一回もやったことないけど、いい?☆キャピルン」とカミングアウトしたところ、
HR61の雌ガロンさんから、お試しさせて頂ける事に。
・・・こうして、いよいよ発芽論初ガロンの時を、迎えることになりました。

初見の感想は・・・な、なんてカワイイ生き物なんだぁああ(絶叫)
細かい仕草とか、表情、くるんくるん回るところとか、完全にワンコそのもの。
自分は、リアルでは犬苦手なんですが、それでもキュンキュンしてしまう、愛らしさ。
これは・・・犬好きの狩人さんには、想像を絶する破壊力にちがいない・・・
ワンコ突進!

グラディエーターたきさん vs ノノたん。
激しい戦いを物語るスプラッタなSS・・・って、このとき、オレ何やってんだ?
闘犬場での死闘

たきてそさんの活躍で、無事狩猟完了!サイズ的には・・・小さめなのかなぁ?
初ガロン種狩猟記念

ここで、注目・・・ノノ・オルガロンのアイコンが・・・
ノノたんだよ~
何これ、メチャメチャかわいいんですけど(*´∀`)  軽く笑ってる、笑ってるよっ!
広場に戻り、無言で、総合雑貨店に直行・・・「カムの書」、「ノノの書」速攻購入w

この後の剛ガロンでの惨劇は、[続きを読む]から。

その後、たきてそさんの猟団の、クトレイルさん・SPOOさんも合流、いよいよ剛ガロンへ。

・・・やっぱり攻撃力、ハンパねぇ!とか思っていると・・・プログラム毎、ごっそり狩場から強制排出。
何事かと、再起動してInすると、クトレイルさん・SPOOさんも沼地から、強制帰還させられていた模様で、
たきてそさんが、何と剛ガロンソロ狩猟に・・・

・・・以前、いつも愛読させて頂いているblog「エゾシカのモンハン生活 (MHF)」さんで、
「剛ガロンで落ちる」という記事を目にしていたのを、思い出しました。

エゾシカのモンハン生活 (MHF):さようなら、ドドドド Byeヾ(。´・ェ・`。)Bye (2009.09.26)
→記事後半の方に、剛ガロン戦のことが、詳細にかかれています。

・・・エゾシカさんが指摘されているのは「ノノが巣に帰る→カムが後を追う」という時のもので、
同じシチューエションではないので、関連性があるかは、全くわからないのですが。
今回の場合、自分の画面では、最初のmap(沼地中央のmap)から、ノノに続いて、カムが移動した直後でした。

ただ、自分は、このクエに限らず、たまにクエ中に落ちたり、ということはあったりで、
そういう時は、「無言?でプログラムが落ちる→自動的にnPro再起動がかかる」という感じなのですが、
今回は何だか様子が違って、「メモリ参照が出来ません」だったか・・・
Wordが固まった時なんかに出てくるような、Windowsのメッセージが出て、プログラムが落ち、
再起動はかかりませんでした。

・・・う~ん、何だろう・・・たまたま、なのかなぁ・・・
不具合というほどでもなくて、「塔ヤマツの屋上待ち中は、なんか落ちやすい」とかそういうレベルかもしれませんが・・・
剛チケのこともあるので、出来れば何の不安もなく、クエに行けるようになるといいなぁと思います。


・・・この後、自分は撤退しなくてはならない時間になり、リベ参戦出来なかったのですが、
本当にガロン戦、楽しかった!

公式ノノ・オルガロン

正直、”元祖ワンコ(ニャンコ?)”テオと、動きはそれほど変わらず、攻撃方法が変わってるくらいだろうと、
勝手に思っていたのですが、全く別物で・・・いやあ、これははまりそうな楽しさでしたヽ(´∀`)ノ
動きがとにかく”生っぽい”ので、「狩りをしてるんだっ!」という感じが、ゾクゾクしました。

特に、剛ガロンは、短時間しか体験できなかったのですが、
「力の弱い人間が、大型動物を狩猟するために、その生き物をつぶさに観察・研究して、
道具を工夫し、狩りの腕を磨く」という、太古から連なる営みが、その緊張感が、
よく再現されているような・・・かなり妄想中枢を、刺激された感じですw

公式カム・オルガロン

今度は、愛刀「ガノスソニック」で出かけてみたいなぁ(*´∀`)・・・ガードできないのは、だいぶ怖いけどw

・・・たきてそさん、クトレイルさん、SPOOさん、ありがとうございました!


昨晩は、この個人的”ガロン祭り”のほかにも、以前からずっとお会いしたかった狩人さんと、
念願の対面を果たせたり、猟団で笛クエでヒャッホイだったりと、濃厚な時間を過ごしたのですが、
かなり長くなってきたので、To be continuedで。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

 

<< フルフェイスのお客さん、狩場を行く | Home | Secret of my heart >>

コメント

ガロン2種(に限らずFからのモンスは見た目と判定が違いすぎるものが多いですが)
の攻撃判定(特にカムのタックル)は感覚的にですが、頭付近から扇状に、かなり後方まで発生します。
尻尾付近はセーフ、後ろ足付近はアウトって感じでしょうか?
何が言いたいかというと、スピードが速いこともあって、とてもガードしづらいですw
その分判定は一瞬なので、回避で「抜け」やすいです!
犬にはガードより回避をオススメしますよ~

剛ナナと韋駄天が落ち着いたくらいに、ランスで犬行きましょう!



剛ガロンペア狩猟のリクエストにも、二つ返事でホイホイ乗ってくれたベンジャミンさんの男前さに乾杯。
そして、意外過ぎるオチにも乾杯(つ∀`)

例のバグの件はドッキリしましたが、いつかペアで剛ガロンを狩猟して凱旋しましょう! やふぅ、楽しくなってきた、ワーイ

Wonderさん>
うおお、わかりやすい解説、ありがとうございます!
雄ガロンの方にも出掛けてみたんですが、確かに「後ろ足付近なら大丈夫だろう」と、
後ろ足横辺りにに張り付いては、何が何だかわからない内に、かなりの攻撃を貰ってた気がします><

なんと!ガロン種も、回避抜けが出来るんですかっ!(あの、ぐるんぐるん回るやつとかでしょうか?)
回避抜けが出来たら、ホント気持ちいいだろうなぁ(*´∀`)

是非是非、ランスでも行ってみたいですっ!楽しみにしております!

たきてそさん>
剛ガロン、誘っていただいて本当にありがとうございました!
なんだろう・・・ボキャブラリの貧弱な自分には、どういっていいかわからないぐらい、楽しかったです^^
”狩人同士で力を集めて、獰猛な生き物を、命懸けで狩猟してる”という感じで、アドレナリンMAXでした。

是非、ペアで狩り成功させたいです!
いつか・・・いつか二人で、2匹の狼を、メゼポルタに!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。